小顔美人になるには?そんな疑問を解決!

たるみを解消して小顔を手に入れよう

年齢とともに顔のたるみが気になり始めますが、加齢によって肌のハリや潤いを保つ成分が失われるため、適切なケアを実践しないと重力には負けてたるみとなって現れます。
既にたるんでしまった頬でも、ケア次第では改善する可能性があります。
憧れの小顔を手に入れるために効果的なケアを始めましょう。
まずは、顔がたるむ原因を意識することが大切です。
何と言っても保湿成分の分泌量が減少したことが大きな原因と言えます。
若い肌にはコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった成分がしっかり備わっていますが、年齢とともに少しずつ減少していき弾力が失われます。
弾力がないということは当然下に垂れ下がってしまうのです。
肌の乾燥は毛穴の開きにも繋がるため、全体的にたるんだ印象となってしまいます。
肌表面だけでなく、内側からの衰えも関係しています。
顔には表情筋と呼ばれる筋肉があるので、たるみが気になり出したら表情筋を鍛える方法を実践するといいでしょう。
これで憧れの小顔に近づくはずです。

小顔効果も得られるたるみ解消エクササイズ

顔がたるんでしまうと大きく見えたり、老けて見られるようになってしまいます。
そうなる前に小顔効果も得られるたるみ解消エクササイズですっきりしましょう。
やり方は簡単です。
口を閉じて舌の先を右頬の内側に押し付けます。
口の周りをなぞるようにした先をぐるっと10回、回しましょう。
次は左頬の内側に舌先を押し付けて、先ほどとは反対方向に10回ぐるぐる回します。
左右10回ずつを1セットにして、1日2回3セットを行うようにします。
このとき、口が開かないように注意しましょう。
朝と夜の歯磨きのついでに行うようにすると継続しやすいです。
できるだけ毎日継続して行うようにすることで、ほうれい線を内側からのばすことができますし顎の筋肉を鍛えることができるので、二重顎の改善にも効果が期待できます。
次に口を閉じたまま舌先を右頬の内側にぐーっと力を込めて押し付けます。
そのまま5秒キープして元に戻し、今度は左頬の内側にあてて同じようにします。
これを3回繰り返しましょう。
そうすることで頬の筋肉を鍛えることができ頬のたるみを解消して小顔効果を得ることができるようになります。

Favorite

Last update:2018/11/14